物流ニッポン > 大島倉庫運輸、災害対策指針を作成 運行中止に独自基準 ハザードマップ活用
物流企業
2020/02/11

大島倉庫運輸、災害対策指針を作成 運行中止に独自基準 ハザードマップ活用

t.kokudo
物流ニッポン

 【群馬】大島倉庫運輸(関口宣男社長、前橋市)は「異常気象時の輸送判断~ハザードマップの活用と安全運行」と題した指針書を作成している。社内ルールとして、在籍するドライバー19人(運行管理との兼任なども含む)に順守を促す方針だ。群馬県が公開しているハザードマップを活用し、積み込み先である荷主企業の製造拠点を中心とした地域で、異常気象による洪水や土砂災害が発生した状況を想定。危険が予測されるエリアや、災害時に通行する道路の目安を示している。関口社長は「異常気象の際、運行はストップするべきだと思う。BCP(事業継続計画)の原点は人を大切にすること。ドライバーの安全を最優先に考える心構えが、大切なユーザーや荷物を守る行動につながる」と協調する。(中西祥梧)
【写真=指針書を掲げる関口社長】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事


無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト