物流ニッポン > 鈴与など、国際物流センター竣工 全国への輸出入拠点に 清水港 貨物取扱量拡大へ
物流企業
2020/02/04

鈴与など、国際物流センター竣工 全国への輸出入拠点に 清水港 貨物取扱量拡大へ

t.kokudo
物流ニッポン

 静岡市の清水港に本拠地を置く鈴与(鈴木健一郎社長、静岡市清水区)、アオキトランス(遠藤修社長、同)、天野回漕店(山田英夫社長、同)、清和海運(宮崎祐一社長、駿河区)の4社連合で建設を進めていた新興津国際物流センター(清水区)が、1月29日に竣工した。地区最大の施設となり、4社の全国への大規模輸出入拠点として、清水港の貨物取扱量の拡大を目指す。(梅本誠治)
【写真=内部は5区画に分かれ、このうち鈴与が2区画、ほか3社が1区画ずつを独自運用】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト