物流ニッポン > 北海道物流開発、食品&建材をトレーラで混載 北海道―関東で試験輸送 長尺重量物用ラック開発
物流企業
2020/01/31

北海道物流開発、食品&建材をトレーラで混載 北海道―関東で試験輸送 長尺重量物用ラック開発

t.kokudo
物流ニッポン

 冷凍・冷蔵輸送を手掛ける北海道物流開発(斉藤博之会長、札幌市西区)などは2月5日、食品と建材などの非食品を混載したトレーラによる、北海道から関東への試験輸送を始める。長尺重量物の2段積みを可能とする専用のラックも開発。異種製品による混載輸送を実現することで、積載率を高め、物流コストを削減する。道産食品を本州に運ぶことで、道内経済の活性化につなげる狙いもある。(土屋太朗)
【写真=ラックを重ねて使用することで、長尺重量物の2段積みが可能となり、空間を効率良く活用できる】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト