物流ニッポン > 取引労働改善岐阜協、自前主義物流で現場改善 バローが事例発表 「発着」両方の視点で
団 体
2020/01/24

取引労働改善岐阜協、自前主義物流で現場改善 バローが事例発表 「発着」両方の視点で

t.kokudo
物流ニッポン

 【岐阜】トラック輸送における取引環境・労働時間改善岐阜地方協議会(土井義夫座長、朝日大学大学院教授)が15日開いた会合で、ホワイト物流推進運動で自主行動宣言を行っている、流通大手のバローホールディングスが、荷主企業として自社の物流改善事例を発表した。(星野誠)
【写真=19年11月末時点で10社が県内の企業としてホワイト物流推進運動の自主行動宣言を行ったことを紹介】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト