物流ニッポン > 芦川商運、プリントトラで地元PR 静岡市とタッグ組み実現
物流企業
2020/01/14

芦川商運、プリントトラで地元PR 静岡市とタッグ組み実現

t.kokudo
物流ニッポン

 【静岡】芦川商運(芦川宗典社長、静岡市駿河区)は12月20日から、静岡市を広報するプリントトラックの運行をスタートさせた。日本平動物園(同区)と同園で人気のレッサーパンダの写真やイラストを荷台側面・後方にプリント。同日、同園駐車場でお披露目式を開いた。
 地域広報に役立とうと、2019年9月に芦川社長が地域を広報するデザインのプリントトラックの運行を静岡市広報担当者に提案。市は提案を歓迎し、19年に50周年を迎え、絶滅危惧種に指定されているレッサーパンダを繁殖・飼育する世界有数の動物園として人気の日本平動物園とレッサーパンダを題材に決めた。(奥出和彦)
【写真=日本平動物園で人気のレッサーパンダを題材に】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト