物流ニッポン > 阪九フェリー&JRCS、ソリューション共創 自動運航船の実現見据え
物流企業
2020/01/14

阪九フェリー&JRCS、ソリューション共創 自動運航船の実現見据え

t.kokudo
物流ニッポン

 阪九フェリー(小笠原朗社長、北九州市門司区)と船舶用配電機器などの製造・販売を手掛けるJRCS(近藤高一郎社長、山口県下関市)は12月24日、国内の海運・海洋産業のデジタルトランスフォーメーションを通して新たなソリューションを共創し、船舶の安全運航の向上と運航の効率化、船員の働き方改革に取り組む、と発表した。13日、阪九フェリー本社で両社の社長が合意文書に調印した。(武原顕)
【写真=調印式で握手する阪九フェリーの小笠原社長㊧とJRCSの近藤社長】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト