物流ニッポン > 日本郵船&商船三井/SOx規制へ対応、LNG燃料の大型石炭船 長期輸送契約 九電と協定締結 海外から火力発電所へ
物流企業
2020/01/10

日本郵船&商船三井/SOx規制へ対応、LNG燃料の大型石炭船 長期輸送契約 九電と協定締結 海外から火力発電所へ

t.kokudo
物流ニッポン

 日本郵船、商船三井、九州電力は、1日から始まったSO(硫黄酸化物)規制に対応するため、LNG(液化天然ガス)を燃料とする大型石炭専用船の運航で協力していく。12月25日、同専用船2隻の長期輸送契約に関する基本協定を締結。日本郵船と商船三井がそれぞれ運航を手掛け、九州電力の石炭火力発電所向けに海外から輸送する。3社によると、LNGを燃料とする大型石炭船は世界初となる。(井内亨)
【写真=商船三井の池田社長㊨、九州電力の池辺社長㊥、日本郵船の長沢社長】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト