物流ニッポン > 「やさいバス」実証実験、アルプス運輸建設が協力 松本エリア 多品種・少量を配送 若手農家を応援
行 政
2020/01/03

「やさいバス」実証実験、アルプス運輸建設が協力 松本エリア 多品種・少量を配送 若手農家を応援

t.kokudo
物流ニッポン

 【長野】長野県の中信地域で2019年、採れたて野菜の共同輸送に向け、実証実験が行われた。農産物を育てる地元の生産者、食材を調理して提供する飲食店の双方を直接結ぶ仕組み「やさいバス」で、静岡県で実践した取り組みを同地域に導入。アルプス運輸建設(上島金司社長、長野県松本市)が運送を担当した。上島社長は同実証の推進組織、松本地域地産地消研究協議会の会長を務め、積極的にシステム立ち上げに関わる。(河野元)
【写真=専用の3トン冷蔵車を導入】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト