物流ニッポン > センコン物流、ベトナム企業に出資 果物輸出拡大へ準備 加工品の提供も視野
物流企業
2019/12/24

センコン物流、ベトナム企業に出資 果物輸出拡大へ準備 加工品の提供も視野

t.kokudo
物流ニッポン

 センコン物流はベトナム企業に出資し、フルーツの輸出拡大に向けた準備を進めている。6日に、現地でドラゴンフルーツやマンゴーなどの輸出を手掛けるヤサカフルーツプロセッシングへ、センコン物流の子会社ホンダカーズ埼玉西(中村善昭社長、埼玉県狭山市)を通じて3040万円を出資。株式19%を取得した。2020年度中にも、35%まで比率を引き上げる予定だ。(今松大)
【写真=ドラゴンフルーツなどを輸出】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト