物流ニッポン > 備福運輸、安全・安心へ行動数字化 公共交通車両の輸送担う メーカーから指名受け
物流企業
2019/12/17

備福運輸、安全・安心へ行動数字化 公共交通車両の輸送担う メーカーから指名受け

t.kokudo
物流ニッポン

 【広島】備福運送(小林政嗣社長、広島県福山市)は2019年の最重要課題として、トラック運送事業の原点である「安全と安心」を再徹底している。従前の取り組みも含めて荷主から高い信頼を得ており、10月には広島市の公共交通機関、アストラムラインの新造車両輸送をメーカーから指名で依頼された。(矢野孝明)
【写真=アストラムラインの新型車両を積んだ中低床エアサストレーラ】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

関連記事

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト