物流ニッポン > 稲沢運輸/安全運転講習、運転者同士で注意点討論 大型車導入を検討
物流企業
2019/12/03

稲沢運輸/安全運転講習、運転者同士で注意点討論 大型車導入を検討

t.kokudo
物流ニッポン

 【愛知】稲沢運輸(竹市五倫社長、愛知県飛島村)は11月16日、名古屋、金沢の両営業所から全ドライバーが参加して安全運転講習会を開いた。KYT(危険予知トレーニング)やヒヤリ・ハットの映像を確認しながら、配送時の安全行動を共有した。
 竹市社長が、2018年のエコドライブ活動コンクールでの優良賞や、19年の愛知運輸支局賞受賞について触れ、「人身事故や重大事故を起こさず、皆さんに安全第一に務めてもらっているお陰。ただ、荷物の破損や誤配といった細かい事故が起きている。荷主に迷惑を掛けるので、安全集会に力を入れていきたい」と述べた。(奥出和彦)
【写真=映像を確認しながら、配送時の安全行動を共有】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

 

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト