物流ニッポン > 出版物輸送、休配日を年18日→週2日 段階的に 取協・雑協が検討 収入減の懸念も 重量制運賃から脱却を
団 体
2019/12/03

出版物輸送、休配日を年18日→週2日 段階的に 取協・雑協が検討 収入減の懸念も 重量制運賃から脱却を

t.kokudo
物流ニッポン

 日本出版取次協会(近藤敏貴会長)と日本雑誌協会(鹿谷史明理事長)が、雑誌などの出版物を小売店に運ばない休配日を、最終的に週2日とするよう本格的に検討していることが11月27日、分かった。2019年度の休配日は土曜日15日、お盆3日の計18日。取協が運送事業者に行ったアンケートで、現行の休配日では働き方改革関連法で義務付けられている有給休暇の年5日取得の達成がほとんどの事業者で難しいことが明らかになり、議論が活発化。運送事業者にとってコンプライアンス(法令順守)や人手不足対策につながるが、配送収入が減るケースも出てきそうだ。(高橋朋宏)
【写真=「皆が血を流すのが重要で、少しでも良くなるよう努力する」と雑協の隅野物流委員長】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト