物流ニッポン > ヤマト運輸/小型商用EVトラック、来年1月から順次500台 30年メド 次世代モビリティー5000台 持続可能な社会へ貢献
物流企業
2019/11/26

ヤマト運輸/小型商用EVトラック、来年1月から順次500台 30年メド 次世代モビリティー5000台 持続可能な社会へ貢献

t.kokudo
物流ニッポン

 ヤマト運輸(栗栖利蔵社長、東京都中央区)は19日、ドイツポストDHLグループ傘下のストリートスクーター(STS、イエルグ・ゾマー最高経営責任者=CEO、ドイツ・アーヘン)と共同開発した、宅配に特化した日本初の小型商用EV(電気自動車)トラックを2020年1月から首都圏で順次500台導入する、と発表した。また、30年までにEVを含む次世代モビリティーを、小型集配車両の半数に当たる5千台導入する。(高橋朋宏)
【写真=ドライバー目線で快適性、機能性、作業性、安全性を追求】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト