物流ニッポン > 弘前倉庫、カシス栽培に注力 果汁100%ジュース販売
物流企業
2019/11/12

弘前倉庫、カシス栽培に注力 果汁100%ジュース販売

t.kokudo
物流ニッポン

 【青森】弘前倉庫(大水達也社長、青森県弘前市)は、カシスの栽培に注力している。健康面での期待が高まっているカシスを栽培し、広く普及させることで地域経済への貢献を図っていく。
 カシスは近年、健康面への効果の可能性が注目されているものの、まだ希少性が高く、入手しにくい状況となっている。青森県は、カシスの生産量日本一を誇っているが、その魅力について一般市民への周知が進んでいない。こうした点を踏まえ、同社は「カシスをもっと身近に、手軽に」を目標に掲げ、県内生産量の拡大を後押しするために農業への参入を決断。2016年に弘前大学と産学連携して共同研究を開始し、17年からカシスの苗の定植をスタートさせた。(今松大)
【写真=26年に100トン超の収穫を目指す】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト