物流ニッポン > CXカーゴ、実技と学科競う ドラコン・リフトコン 課題を会場で共有
物流企業
2019/11/12

CXカーゴ、実技と学科競う ドラコン・リフトコン 課題を会場で共有

t.kokudo
物流ニッポン

 シーエックスカーゴ(山田英孝社長、埼玉県桶川市)は2日、ドライバーズコンテストとフォークオペレーターコンテスト合同の「セーフティチャレンジ」を開催。各拠点の選手らが実技と学科で競い、ドラコンでは関東配送センター野田事業所の清水雄太選手が、フォークコンでは、野田流通センターの伊東亮大選手がそれぞれ優勝した。
 2018年に引き続き、合同で開催。「セーフティチャレンジ」の名称は、社内公募で決定した。(辻本亮平)
【写真=フォークコンでは走行と荷役を試し】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト