物流ニッポン > 国交省調べ/内航船員の労働時間、荷役の在り方で変動 働き方改革「しわ寄せ」 1日14時間超えも
行 政
2019/11/05

国交省調べ/内航船員の労働時間、荷役の在り方で変動 働き方改革「しわ寄せ」 1日14時間超えも

管理者用
物流ニッポン

 国土交通省の調査により、内航船員の労働時間が荷役の在り方によって大きく変動していることが浮き彫りとなった。特に、当直→入港→荷役→出航→当直と荷物の運搬のための業務が連続すると、一日当たりの労働時間の上限である14時間を超えることが多い。一方、仮バースが週に1回程度確保されていれば、週の労働時間が上限の72時間に収まる傾向にある。10月25日、交通政策審議会海事分科会の船員部会を開き、報告した。(辻本亮平)

【写真=内航船員の働き方改革に向け、労働実態の調査を進め】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト