物流ニッポン > 北見通運、コンテナ2段積み実現 タマネギ輸送効率化 独自ストッパー開発
物流企業
2019/11/01

北見通運、コンテナ2段積み実現 タマネギ輸送効率化 独自ストッパー開発

t.kokudo
物流ニッポン

 北見通運(舛川誠社長、北海道北見市)は10月から、主力のタマネギ輸送について、従来比1.5倍のコンテナを積載できるトレーラ2台を稼働させている。荷台の床を低くしたのに加え、独自のストッパーを開発して、コンテナの2段積みを実現。国内最大規模のタマネギの集出荷施設への輸送に当たり、車両の大型化を通じて効率化を図っている。(土屋太朗)
【写真=従来比1.5倍のコンテナを積載できる】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト