物流ニッポン > GLP、神奈川・平塚に施設 来秋竣工 中央物産専用 BCP対策&省エネ配慮
産 業
2019/10/25

GLP、神奈川・平塚に施設 来秋竣工 中央物産専用 BCP対策&省エネ配慮

t.kokudo
物流ニッポン

 日本GLP(帖佐義之社長、東京都港区)は17日、中央物産(原幸男社長、同)の専用施設「GLP平塚Ⅰ」(神奈川県平塚市)を起工した、と発表した。作業効率向上に向けた機能や設備の整備に加え、就労環境に配慮した設計。同日、起工式を行い、竣工は2020年11月を予定している。
 平塚市の都市開発計画、ツインシティ大神地区内に位置し、東名高速道路・厚木インターチェンジ(IC)から3.6キロ、新東名高速道路・厚木南ICからは2.2キロの立地。今後予定されている新東名の全線開通により、更なる交通利便性の向上が期待できる。(井内亨)
【写真=平塚市の都市開発計画、ツインシティ大神地区内に位置するGLP平塚Ⅰ(完成予想図)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト