物流ニッポン > 大崎、ロボットがロボット梱包 自動化システム 作業人員8割減
物流企業
2019/10/25

大崎、ロボットがロボット梱包 自動化システム 作業人員8割減

t.kokudo
物流ニッポン

 大崎(武田一衛社長、東京都品川区)と大崎コンピュータエンヂニアリング(OCE、武田健三社長、同)は21日、大崎が長年積み上げてきた梱包ノウハウと、OCEの入出荷システム構築などのICT(情報通信技術)を組み合わせ、梱包自動化ロボットシステム「OPARS(オパーズ)」を開発した、と発表した。
 大崎の富士支店(山梨県山中湖村)で15日に導入し、主要顧客のファナックのCNC(コンピュータ数値制御)商品や小型ロボットを梱包する際に利用。作業には従来15人を要していたが、導入後は3人となる見込みだ。また、生産管理(出荷)システムとの連携で誤出荷の抑止も実現する。(高橋朋宏)
【写真=大型ロボットアームを中核とした梱包自動化システムを開発】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト