物流ニッポン > ZMP/物流支援ロボ「キャリロ」、自動離脱装置の受注開始 搬送先不在でも継続稼働 省人効果を更に向上
産 業
2019/10/18

ZMP/物流支援ロボ「キャリロ」、自動離脱装置の受注開始 搬送先不在でも継続稼働 省人効果を更に向上

t.kokudo
物流ニッポン

 ZMP(谷口恒社長、東京都文京区)は10日、物流支援ロボット「キャリロAD(外部連携モデル)」に対応した自動けん引離脱アタッチメントの受注を開始した、と発表した。出荷は11月末以降になる見通しだ。
 これまでキャリロは、ワンタッチ式の手動でのカゴ台車や、スリムカートから着脱してけん引するアタッチメントを販売してきたが、省人化の効果をより高めるため、発進後に特定の地点でけん引を自動で切り離す装置を搭載する。正式販売に先立ち、伊藤忠食品の物流センターで先行導入し、テスト運用を行ってきた。(田中信也)
【写真=スリムカートを切り離して配置】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト