物流ニッポン > 台風19号、物流インフラに打撃 荷主と連携し被害抑え 「教訓」生かし配送中止 営業所・車両が浸水 道路閉鎖で迂回余儀なく
物流
2019/10/18

台風19号、物流インフラに打撃 荷主と連携し被害抑え 「教訓」生かし配送中止 営業所・車両が浸水 道路閉鎖で迂回余儀なく

t.kokudo
物流ニッポン

 12~13日にかけ列島で猛威を振るった大型で強い台風19号の影響で、物流インフラが打撃を受けた。大手宅配3社ではセンターの営業停止や配達遅れがみられ、鉄道網、航路網も混乱。被災した物流企業では営業所や車両が浸水するといった被害があり、事業継続を懸けた復旧作業に追われる。一方、台風15号の教訓から、荷主があらかじめ配送を中止し、甚大な被害を防げたケースも一部でみられた。災害の激甚化を受け、物流網維持に向けた物流事業者と荷主の連携による取り組みの継続が求められる。(特別取材班)
【写真=水が引いて泥路となった郡山中央工業団地】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト