物流ニッポン > ロジックスライン、いすゞ・スカニア製納車 DR一体型デジタコ搭載 運転者は若手ホープ
物流企業
2019/10/15

ロジックスライン、いすゞ・スカニア製納車 DR一体型デジタコ搭載 運転者は若手ホープ

t.kokudo
物流ニッポン

 【千葉】ロジックスライン(沢田秀明社長、千葉県成田市)は、いすゞ自動車とスカニアジャパン(ヨハン・ルンデン社長、東京都港区)の大型トラック2台を導入し、4日に納車式を行った。スカニア車両の採用は、2015年11月以来の2台目。今回新たに、トランストロン(大岡信一社長、横浜市港北区)製のドライブレコーダー(DR)一体型デジタルタコグラフを搭載したほか、令和時代最初の納車式として式用の看板とのぼり旗を作製した。(井内亨)
【写真=新車をバックに記念撮影】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト