物流ニッポン > 荷待ち多い輸送品目別検討/国交省など、生鮮食品・飲料に拡大へ 施策は曲がり角迎え 地方協 着荷主協力「不十分」
行 政
2019/10/15

荷待ち多い輸送品目別検討/国交省など、生鮮食品・飲料に拡大へ 施策は曲がり角迎え 地方協 着荷主協力「不十分」

t.kokudo
物流ニッポン

 国土交通省は、トラック運送事業の労働時間削減と取引環境改善に向け、これまで3品目で取り組んできた輸送品目別の検討・検証を、新たに「生鮮食品」「飲料・酒」にも拡大する方針だ。一方、厚生労働省と連携して取り組んできた、トラック事業者や荷主企業との協力による都道府県単位での改善協議会、物流改善の取り組みについては、地域への普及拡大や着荷主の協力といった点で「十分な効果が上がっていない」といった指摘がトラック業界から挙がっており、両省による労働時間・取引環境改善に向けた施策は曲がり角に差しかかりつつある。(田中信也)【写真=改善協議会の今後の取り組みに関して報告・検討】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

 

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト