物流ニッポン > 大和ハウス、岩手・北上にマルチ型 北東北最大級 最大10テナント入居 ニーズ合わせ開発拡大
産 業
2019/10/11

大和ハウス、岩手・北上にマルチ型 北東北最大級 最大10テナント入居 ニーズ合わせ開発拡大

t.kokudo
物流ニッポン

 大和ハウス工業は3日、岩手県北上市の北上南部工業団地で、マルチテナント(複数企業入居)型物流施設「DPL岩手北上Ⅱ」が9月30日に竣工した、と発表した。床面積3万2500平方メートルと、北東北最大級のマルチ型施設になるという。総投資額は50億円。
 岩手北上Ⅱは、2017年10月に竣工した同Ⅰが満床となったことを受け、隣接地に開発した。東北自動車道・北上金ケ崎インターチェンジ(IC)から400メートルと至近に位置し、東北全域や関東へのアクセスが容易なエリアだ。また、JR東北本線の六原駅からは3キロ、東北新幹線及び東北本線の北上駅から7.5キロのエリアに立地している。(井内亨)
【写真=中央に車路を設け、天候の影響を受けず、荷物を積み下ろせる】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト