物流ニッポン > 山形ト協、トラックの森で下草刈り 植樹→育樹 自然観察など活用
団 体
2019/10/08

山形ト協、トラックの森で下草刈り 植樹→育樹 自然観察など活用

t.kokudo
物流ニッポン

 【山形】山形県トラック協会は9月17日、山辺町の山形県トラックの森で草刈り作業を行った。従来の植樹活動から、「育樹」活動に移行した取り組みで、当日は熊沢貞二会長と職員ら6人が参加し、樹木の下草刈り作業などに汗を流した。
 トラックの森は、2005年から山辺町畑谷地内の「県民の森」隣接地に2.75ヘクタールの土地を借り受け、所有者や林業振興協議会の協力を得てトラックの森を整備。17年までの13年間で約7千本の広葉樹の苗を植樹。18年からは下草刈り作業など育成活動に取り組んでいる。(黒田秀男)
【写真=草刈り作業に汗を流した熊沢会長(中央)ら】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト