物流ニッポン > Hacobu、物流課題解決へデータ共有 多業種企業と取り組み 23年まで 情報基盤を確立
産 業
2019/09/27

Hacobu、物流課題解決へデータ共有 多業種企業と取り組み 23年まで 情報基盤を確立

t.kokudo
物流ニッポン

 Hacobu(佐々木太郎社長兼CEO=最高経営責任者、東京都港区)は、多業種企業との取り組みを通じてオープン物流情報プラットフォーム「MOVO(ムーボ)」上でビッグデータを蓄積、共有することで、ドライバー不足などの課題を解決していく構想「シェアリング・ロジスティクス・プラットフォーム」を推進していく。例えば、入出荷データ分析に基づくシステム上での共同配送、車両の積載・稼働率分析に基づく効率的な配車などを実現。最終的には、自動運転トラックによる輸送サービスの情報基盤として活用されることを見据えている。19日に記者会見を開き、佐々木社長兼CEOらが説明した。(井内亨)
【写真=記念撮影に臨むHacobuの佐々木社長兼CEO(中央)ら】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト