物流ニッポン > 伊藤忠都市開発、千葉・市川にマルチ型 大型車44台接車可能 環境・省エネへ配慮
産 業
2019/09/20

伊藤忠都市開発、千葉・市川にマルチ型 大型車44台接車可能 環境・省エネへ配慮

t.kokudo
物流ニッポン

 伊藤忠都市開発(松典男社長、東京都港区)は11日、伊藤忠商事と共同で開発を進めてきたマルチテナント(複数企業入居)型物流センター「アイミッションズパーク市川塩浜」(千葉県市川市)が8月30日に竣工した、と発表した。既に、複数のテナントと賃貸借契約の締結を済ませている。
 首都高速道路湾岸線・千鳥町インターチェンジ(IC)から2.1キロ、東関東自動車道・湾岸市川ICからは3.7キロと、東京都内への配送に加えて広域配送拠点としても適した立地。JR京葉線の市川塩浜駅から徒歩圏内にあることから通勤利便性に優れ、豊富な周辺人口と相まって雇用確保に有利なエリアだ。(井内亨)
【写真=東京都内への配送や広域配送拠点として適した立地(イメージ図)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト