物流ニッポン > JR東日本物流、安全と品質レベル競う 構内作業と点検・運転で
物流企業
2019/09/20

JR東日本物流、安全と品質レベル競う 構内作業と点検・運転で

t.kokudo
物流ニッポン

 ジェイアール東日本物流(唐沢朝徳社長、東京都墨田区)は12日、「物流魂競技会」を総合研修センター・市川出張所(千葉県市川市)で開催した。同社の各センター並びにグループ会社(東日本物流サービス、東北鉄道運輸、新潟鉄道荷物)に所属する計21選手が、駅構内部門と車両部門に分かれて安全・品質レベルを競い合った。
 開会式で、唐沢社長が「今年は5カ年の中期経営計画『Go Plan NEXT』の2年目。コンセプトの『物の流れを通じてJR東日本グループの成長を支え我々も共に成長していく』を実現するには、安全と品質を更に高めていかなければならない」と選手を激励した。(沢田顕嗣)
【写真=駅構内部門の競技】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト