物流ニッポン > JR東日本物流、台車活用し働き方改革 駅ナカ 配送員を自動で追従 配送能力は最大2.5倍
物流企業
2019/09/17

JR東日本物流、台車活用し働き方改革 駅ナカ 配送員を自動で追従 配送能力は最大2.5倍

t.kokudo
物流ニッポン

 ジェイアール東日本物流(唐沢朝徳社長、東京都墨田区)は10日、「3つのイノベーション台車」を活用した働き方改革に取り組んでいく、と発表した。駅ナカ配送における新たな挑戦を旗印に、追従型台車による生産性向上、アシスト台車によるダイバーシティー(多様性)の推進、多言語音声メロディー搭載台車による安全・安心の実現を目指す。(沢田顕嗣)
【写真=自社開発のけん引治具を装着し、カーゴ台車をけん引】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト