物流ニッポン > 山形/大型物流施設、内陸地区に建設相次ぐ 食品物流ニーズ対応 地域のプラットホームへ
物流
2019/09/10

山形/大型物流施設、内陸地区に建設相次ぐ 食品物流ニーズ対応 地域のプラットホームへ

t.kokudo
物流ニッポン

 【山形】山形県内で近年、営業倉庫や物流センターの建設が相次いでいる。特に今年は、内陸地区で運送事業者が普通倉庫や冷凍・冷蔵倉庫を相次いで建設した。2月にはティスコ運輸(菅原茂秋社長、山形市)が、本社隣接地にマルチテナント(複数企業入居)型の物流センターを稼働させ、5月にはベア・ロジコ(本田孝之社長、天童市)が天童市内の産業団地に低温物流センターを建設。また、6月には寒河江物流(後藤智樹社長、寒河江市)の新たな物流センターが寒河江市で竣工した。従来、内陸地区には、コメ保管用の定温倉庫を除けば、大型の営業倉庫は少なかったが、倉庫の建設により、同地区の庫腹量も増え、新たな物流拠点としての可能性も生まれている。(黒田秀男)
【写真=寒河江物流の「ロジ・センター」】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト