物流ニッポン > グロー物流、年度ごと目標で事故減少 ヒヤリハット 報告書「最低月1件」 安全最優先の事業展開
物流企業
2019/09/06

グロー物流、年度ごと目標で事故減少 ヒヤリハット 報告書「最低月1件」 安全最優先の事業展開

t.kokudo
物流ニッポン

 【広島】グロー物流(寺本政喜社長、広島市安佐北区)は、運輸安全マネジメントに基づいて年度ごとに目標を定め、事故削減に着実な成果を出している。乗務員全員にヒヤリ・ハット報告書を月に最低1件提出させ、年4回の安全大会で意見を交換する一方、2018年12月に続いて19年7月には本社でバック運転の検証(バック検証)を実施。10月の安全大会で結果を発表し、20年度は個人の目標も設定する方針だ。(江藤和博)
【写真=バック検証を行い事故回避のスキルを高めている】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト