物流ニッポン > 八千代運送、昼食交代制で荷待ち削減 ホワイト物流に賛同
物流企業
2019/09/06

八千代運送、昼食交代制で荷待ち削減 ホワイト物流に賛同

t.kokudo
物流ニッポン

 【千葉】八千代運送(福島昇社長、千葉県八千代市)では、ホワイト物流推進運動に賛同し、運行品質の向上に向けた取り組みに一層努めている。最終的には、運賃アップにつなげて従業員に還元していきたい方針だ。
 同社は1952年に創業し、主に八千代市や印西市で拠点を構えて事業を展開している。2017年10月には、13年に開設した印西営業所(印西市)から徒歩圏内の位置に印西松崎台倉庫を稼働させ、タイヤや段ボールなどを扱っている。(井内亨)
【写真=印西松崎台倉庫の従業員】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト