物流ニッポン > 大和ハウス、DPL流山Ⅳ着工 複数テナントで人手共有 両面トラックバース採用
産 業
2019/09/06

大和ハウス、DPL流山Ⅳ着工 複数テナントで人手共有 両面トラックバース採用

t.kokudo
物流ニッポン

 大和ハウス工業は2日、千葉県流山市でマルチテナント(複数企業入居)型物流施設「DPL流山Ⅳ」の建設に着手した。延べ床面積は32万2220平方メートルと、同社最大を誇る。新たな取り組みとして、保育施設に子供を預ける労働者が複数のテナント企業で働ける仕組みとしての「マルチ派遣」を導入する方針だ。同日、地鎮祭を行い、大和ハウスの浦川竜也常務らが工事の安全を祈願した。(井内亨)
【写真=延べ床面積は32万2220平方メートルと、同社最大を誇る(完成予想図)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト