物流ニッポン > 徳島港湾荷役、3階建て本社建設 津波対策 危機管理を強化 職場環境整備に注力
物流企業
2019/09/03

徳島港湾荷役、3階建て本社建設 津波対策 危機管理を強化 職場環境整備に注力

t.kokudo
物流ニッポン

 【徳島】徳島港湾荷役(端村圭社長、徳島市)は、南海トラフ地震などへの危機管理を強化するため、マリンピア沖洲(同市)に3階建ての本社社屋を建設した。社員が仕事をするスペースを2階と3階に集中させ、津波が来ても人命を守れる構造となっている。また、倉庫需要の高まりを受け、10月には3棟目の倉庫を完成させる。このほか、人材確保の面では、2019年から高校新卒者の求人活動をスタートさせ、来春には現業部門で3人の採用を目指す。(江藤和博)
【写真=1階には社員は常駐せず、津波が来た時は2階以上に避難する】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト