物流ニッポン > 阪九フェリー、新船「せっつ」進水 神戸航路に来春就航
物流企業
2019/08/09

阪九フェリー、新船「せっつ」進水 神戸航路に来春就航

t.kokudo
物流ニッポン

 北九州(新門司)―阪神(泉大津、神戸)航路を運航する阪九フェリー(小笠原朗社長、北九州市門司区)は2日、三菱重工業下関造船所(山口県下関市)で、来春神戸航路に投入する新船「せっつ」の進水式を行った。
 新船は総トン数1万6300総トン。全長195メートル、幅29.6メートルで航海速力は23.5ノット。瀬戸内海を運航するカーフェリーとして最大級で、トラックの積載台数は現行船から1.2倍の277台(大型トラック8.5メートル換算)に増強される。(武原顕)
【写真=支綱が切断され、ゆっくりと造船台から進水する「せっつ」】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト