物流ニッポン > 福島・三重県、空飛ぶクルマ実用化へ 連携・協力し開発支援 ビジネスモデル創出
行 政
2019/08/09

福島・三重県、空飛ぶクルマ実用化へ 連携・協力し開発支援 ビジネスモデル創出

t.kokudo
物流ニッポン

 「空飛ぶクルマ」の実現に向け、福島、三重の両県は2日、協力協定を締結した。福島県が整備を進める「福島ロボットテストフィールド(福島RTF)」を試験飛行拠点に、三重県が離島への移動・運搬や、観光振興などソリューションに基づき新たなビジネスモデルを創出し、空飛ぶクルマの開発・実用化を加速していく狙いだ。(田中信也)
【写真=福島県の内堀知事㊨と三重県の鈴木知事が協定を締結】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト