物流ニッポン > 東京納品代行、ハンガー者仕様EV導入 世界初 環境配慮ニーズ高まり ルイヴィトン専属運行
物流企業
2019/07/30

東京納品代行、ハンガー者仕様EV導入 世界初 環境配慮ニーズ高まり ルイヴィトン専属運行

t.kokudo
物流ニッポン

 センコーグループの東京納品代行(伊藤裕之社長、千葉県市川市)は、世界初のハンガー車仕様電気自動車(EV)2台を導入した。三菱ふそうトラック・バスの小型電気トラック「eキャンター」で、ルイ・ヴィトンジャパン(デヴィッド・ポンゾ社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)専属車両として運行。8月をメドに同車での配送をスタートし、環境負荷低減に向けた取り組みを強化する。7月23日に納車式を行った。(井内亨)
【写真=三菱ふそうトラック・バス南関東ふそうの丹野社長からレプリカのキーを受け取る伊藤社長㊨】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト