物流ニッポン > 高速道路ワイヤロープ試行設置、効果発揮し死亡事故ゼロ 国交省 暫定2車線区間で
行 政
2019/07/26

高速道路ワイヤロープ試行設置、効果発揮し死亡事故ゼロ 国交省 暫定2車線区間で

t.kokudo
物流ニッポン

 高速道路の片側1車線(暫定2車線)区間での正面衝突事故の防止に向け、車線区分柵(ワイヤロープ)を試行的に設置した区間での死亡事故はゼロに――。国土交通省、東・中・西日本の高速道路各社と有識者で構成する「高速道路の正面衝突防止対策に関する技術検討委員会」(桑原雅夫委員長、東北大学大学院教授)は19日の会合で、ロープ設置区間の接触・事故件数を公表。2018年度末までに接触が551件あったが、飛び出し事故は4件のみで死亡者ゼロと、高い防止効果を発揮している。(田中信也)
【写真=技術検討委の第4回会合で接触・事故件数などを公表】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト