物流ニッポン > プロロジス、茨城・つくばにBTS型 来夏着工 ZOZO向け3棟目 延べ床面積11万平米
産 業
2019/07/16

プロロジス、茨城・つくばにBTS型 来夏着工 ZOZO向け3棟目 延べ床面積11万平米

t.kokudo
物流ニッポン

 プロロジス(山田御酒社長、東京都千代田区)は5日、茨城県つくば市内でファッション通販大手のZOZO向けBTS(特定企業入居)型物流拠点となる「プロロジスパークつくば2」の起工式を行った。2018年9月から稼働している「つくば1-A」、19年9月に竣工予定の「つくば1-B」と合わせたZOZO専用のつくば市内の物流拠点は3カ所で、延べ床面積25万平方メートルと、プロロジスのBTS型物流施設として最大規模となる。(谷本博)
【写真=1階、3階、4階に計90台分のトラックバースを設ける(完成予想図)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト