物流ニッポン > 金成運輸、低コストでデザイントラ ボディプリンター導入 事業部門立ち上げ視野
物流企業
2019/07/12

金成運輸、低コストでデザイントラ ボディプリンター導入 事業部門立ち上げ視野

t.kokudo
物流ニッポン

 【宮城】金成運輸(中川清希社長、宮城県栗原市)は、デザイントラックを低コストで製作できるオートボディプリンターを導入し、7月中旬から本格運用を開始。従来のペイント方式やラッピングによるデザインでは費用負担が大きく、運送事業の収益率低下の要因にもなっていた。低費用と短時間で施工することができ、経年劣化による汚れや剥がれなども無く、容易に描き換えが可能。今後、ペイント事業部門としてトラックの同業者やバス、タクシーなどにも営業展開し、需要の掘り起こしに努める。(富田久男)
【写真=6月下旬からプリンターの組み立て作業を進める】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト