物流ニッポン > ホワイト物流推進運動/改善の姿勢に広がる賛同 大多数が推奨項目挙げ 加工食品メーカー多く 「改善提案と協力」トップ オリジナル取り組み52件
物流企業
2019/07/12

ホワイト物流推進運動/改善の姿勢に広がる賛同 大多数が推奨項目挙げ 加工食品メーカー多く 「改善提案と協力」トップ オリジナル取り組み52件

t.kokudo
物流ニッポン

 キックオフから3カ月で91社が共鳴――。トラック産業の生産性向上、働きやすい労働環境の実現に向け、政府を挙げての国民運動として3月29日にスタートしたホワイト物流推進運動に、製造業、卸売・小売業、物流の有力企業を中心とした賛同の輪が広がっている。「任意」としていた推奨項目についてはほとんどの企業が記載しており、「物流の改善と提案」が最も多いものの、パレットの活用、高速道路の利用、モーダルシフトといった具体的な取り組みや、自社独自の取り組みを挙げている企業が多い。物流の現状に危機感を抱き、本気で改善に取り組む姿勢がうかがえる。また、運動の輪が一層広がれば、物流ソリューションのビッグデータとなり得る可能性も秘めている。(田中信也)
【写真=日本通運など物流事業者(運輸・郵便業)も多く提出】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト