物流ニッポン > キョウトロボ、荷さばきロボ技術開発 データ入力なし 画像認識で大きさ判断 ピッキングも構想
産 業
2019/06/11

キョウトロボ、荷さばきロボ技術開発 データ入力なし 画像認識で大きさ判断 ピッキングも構想

t.kokudo
物流ニッポン

 キョウトロボティクス(徐剛社長、滋賀県草津市)は人の手を煩わせず荷さばきできるロボット技術を開発・提供し、物流業界の人手不足への対応をサポートしている。同社の技術を使ったパレットやカゴ車からの荷下ろしを行うロボット技術は、提供を既に開始。段ボール箱の大きさを判断して荷下ろしするため、事前のデータ入力が不要で、人が付きっきりで見守る必要も無い。現在、パレットへの荷積みでも同様の技術を開発中で、将来的には段ボール箱の中からピッキングを行う技術の開発も構想している。(辻本亮平)
【写真=パレットやカゴ車からの荷下ろしを行うロボット技術を提供】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト