物流ニッポン > 国交省、発着荷主の連携促進 今夏 物効法基本方針を改定 荷待ち・付帯作業軽減へ
行 政
2019/06/11

国交省、発着荷主の連携促進 今夏 物効法基本方針を改定 荷待ち・付帯作業軽減へ

t.kokudo
物流ニッポン

 国土交通省は今夏、物流総合効率化法の基本方針を改正し、発着荷主や荷主と物流企業の「タテの連携」により物流効率化を促進する。運転者の荷待ちや付帯作業軽減につなげるのが狙い。併せて、物効法の認定を受けるのに必要な手続きを洗い直し、審査に必要の無い項目を無くすなど、簡素化を促す。5日の「共同物流等の促進に向けた研究会」(矢野裕児座長、流通経済大学教授)で示した取りまとめ案に盛り込み、おおむね了承された。(辻本亮平)
【写真=月内に最終取りまとめを公表】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト