物流ニッポン > 宮城倉協、「イメージ変わった」 高校教諭むけ倉庫見学会
物流企業
2019/06/04

宮城倉協、「イメージ変わった」 高校教諭むけ倉庫見学会

t.kokudo
物流ニッポン

 【宮城】倉庫のイメージが変わった――。宮城県倉庫協会(黒川久会長)は5月21日、初の試みとして、高校の進路指導教諭を対象とした倉庫施設見学会を開催した。業界の人材確保対策の一環で、仙台市内の2施設を披露し、倉庫業のイメージアップを図った。
 施設は仙台港地区にある東邦運輸倉庫(黒川社長、仙台市宮城野区)の仙台港支店とセンコー東北主管支店(髭幸治主管支店長、同)の仙台港PDセンターで、高校から3人の教諭が参加した。(黒田秀男)
【写真=倉庫の保管方法や入出庫作業を説明(東邦運輸倉庫仙台港支店)】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト