物流ニッポン > 富士運輸、温度管理事業を拡大 大量増車&拠点新設 長距離輸送に特化
物流企業
2019/05/31

富士運輸、温度管理事業を拡大 大量増車&拠点新設 長距離輸送に特化

t.kokudo
物流ニッポン

 富士運輸(松岡弘晃社長、奈良市)は、温度管理の事業分野を拡大するため、冷凍・冷蔵車の増車を進めている。5月に阪神コールド支店(木内伸二支店長、兵庫県尼崎市)を新設し、車両15台を配置。東北から九州までフジホールディングス(松岡社長、東京都港区)グループの全国55拠点のネットワークと高品質な輸送サービスを生かして荷主ニーズを掘り起こし、将来的には300台体制への拡大を目指す。(渡辺弘雄)
【写真=大型冷凍・冷蔵車を大量に増車へ】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト