物流ニッポン > JCリフト教習センター、中国人受講生受け入れ 母国語テキスト「安心感」 スキルアップを支援
産 業
2019/05/17

JCリフト教習センター、中国人受講生受け入れ 母国語テキスト「安心感」 スキルアップを支援

t.kokudo
物流ニッポン

 物流業界の人手不足を受け、物流センターなどの現場では外国人労働力の積極的な活用が急務となっている。こうした中、人材サービスのジャパンクリエイト(加藤智社長、大阪市淀川区)が運営するJCフォークリフト教習センターでは、中国語やベトナム語のテキストを用意して外国人受講生を受け入れ、場合によっては本部(横浜市港北区)から通訳を派遣して、日本でのスキルアップをサポートしている。(吉田英行)
【写真=中国語版テキストを手にする余氏と、資格取得を実現した中国人受講生】


記事の続きは『物流ニッポン』でお読みいただけます。
物流ニッポンは全国8支局で、地域に密着した業界の情報をお届けしています。
購読・電子版のお申し込みはページ上のバナーをクリック。
無料試読(1カ月)もご利用ください。

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト