物流ニッポン > 国交省、「陸の働き方改革」聴く 内航での議論に役立て
行 政
2019/05/10

国交省、「陸の働き方改革」聴く 内航での議論に役立て

t.kokudo
物流ニッポン

 国土交通省は4月26日、内航船員の働き方改革に向けた部会で、立教大学の首藤若菜教授を招き、トラック運送の労働環境の改善策について講演を聴いた。同局では内航船員の働き方改革を進めるに当たり、トラック運送業界の取り組みを参考にする方針を立てており、講演は今後の議論の参考にする。
 同日、交通政策審議会海事分科会の船員部会(野川忍部会長、明治大学専門職大学院教授)を開いた。
 首藤教授は講演で1990年の規制緩和など、トラック運送業界で労働環境が悪化するまでの背景を説明。併せて、関係省庁や労使が現在進めている改善策を紹介した。
 また同日、内航海運の労働環境や就業意向に関する既存の調査結果を示した。同部会では今後、内航船員の働き方改革に向け調査を行うこととしており、既存調査の結果と併せて議論に役立てる。(辻本亮平)
【写真=内航船員の働き方改革を進めるに当たり、トラック運送業界の取り組みを参考にする方針】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト