物流ニッポン > 静ト協、就職相談会を今年も開催 昨年度の好実績ふまえ 県内12カ所で予定
団 体
2019/04/30

静ト協、就職相談会を今年も開催 昨年度の好実績ふまえ 県内12カ所で予定

t.kokudo
物流ニッポン

 【静岡】静岡県トラック協会(大須賀正孝会長)は15日から、静岡県内各地区のハローワークで就職相談会をスタートさせた。会員事業者の担当者とハローワークに登録する求職者が直接面談する機会を作ることで、ドライバー不足に悩む会員事業者を支援する。(奥出和彦)
 2018年7月から静岡労働局の協力の下、県内ハローワーク9カ所で開催。定員数を超える事業者の応募があったことから、11、12月に同様の相談会を12カ所で急きょ企画した。相談会をきっかけに30人程度が参加事業者に入社したことから、今年度もマッチングの可能性があるとして開催を決めた。
 15日のハローワーク沼津を皮切りに、17日はハローワーク静岡で午前と午後の部に分けて行った。午後は、東海乳菓運輸(柳原孝進社長、静岡市葵区)、スペースプランニング(山崎昌彦社長、浜松市東区)の静岡出張所(静岡市葵区)、安倍運輸(白鳥正人社長、駿河区)、ゼンセイ(藤島祥人社長、静岡県焼津市)、トレードトラスト(宮澤寬社長、浜松市南区)の静岡共配支店(静岡市清水区)の5社が参加した。
 求職者を前に、担当者が自社について説明。昨年度の相談会をきっかけに2人が入社したことを紹介する事業者もいた。
 その後、事業者と求職者はそれぞれのブースで労働内容や条件について話し合った。
 担当者は「求職者数は少なかったが、やる気のある人が多く収穫があった」「求職者と会う機会は多くないので、こうした機会はありがたい」などと感想を述べた。
 4月は24日にもハローワーク浜松で開催。また、6~7月にかけて県内12カ所で予定している。
【写真=求職者が参加事業者のブースで面談】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト