物流ニッポン > 末広運輸サービス、若者採用へテーマソング 地元テレビでCM放映
物流企業
2019/04/16

末広運輸サービス、若者採用へテーマソング 地元テレビでCM放映

t.kokudo
物流ニッポン

 【秋田】末広運輸サービス(佐藤広徳社長、秋田県大仙市)は企業イメージの向上を図るため、若者向けのテーマソング(社歌)を制作し、若い人材を確保するための取り組みを進めている。曲を使って作った15秒CMを、5月から地元テレビ局で放映する。
 楽曲の作詞・作曲を担当したのは、地元出身のシンガーソングライター、栗林聡子さん。「行ってらっしゃい たった一言に込められた想(おも)いは 気を付けてね 頑張ってねも ギュっと込めてるから」「どんなに遠くても 近くても 待ってる人がいるから」といった詩を、軽快なテンポとメロディーに乗せている。
 テレビCMは5月5日からスタート。毎週日曜日にAKT秋田テレビで放映される人気番組「YOUは何しに日本へ?」の中で、15秒スポットを流す。現在、映像制作を急ピッチで進めている。
 同社では2018年4月の新卒者から、本格的に新卒定期採用活動を開始。労働力不足の中で長時間労働是正などの働き方改革を進めなければならず、人材確保が重要な経営課題になっている。なお、新卒採用では、高卒者が18年4月に2人、19年には1人入社した。
 佐藤社長は「高齢化が進んでいる。若い人材を入れて、活性化を図りたい。それにはイメージアップが必要。テーマソングもその一環で、少しでも若い人が振り向いてくれればありがたい」と語る。(黒田秀男)
【写真=記念撮影に臨む(右から)佐藤社長、新入社員の髙栁響氏、煤賀旭営業所長】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト