物流ニッポン > VISITはちのへ、首都圏へ定期配送めざす 地元産品振興 5団体統合し始動
団 体
2019/04/12

VISITはちのへ、首都圏へ定期配送めざす 地元産品振興 5団体統合し始動

t.kokudo
物流ニッポン

 八戸市物産協会や八戸観光コンベンション協会など5団体を統合した「VISITはちのへ」(塚原隆市理事長)が1日、発足した。八戸エリア8市町村における交流人口の拡大と地域産品の振興を目的に、持続可能な地域づくりを目指す。これまでは観光や地場産業の振興に関わる各団体が別々に活動していたが、ワンストップで効率的な取り組みを進めていく。
 観光客誘致に向けたマーケティングに加え、地域商社の機能も盛り込んで同エリアの農水産品の需要拡大を図る。物流や配送ルートの確立と位置付けるオフラインと、EC(電子商取引)をメインとするオンラインという二つの視点で取り組む。
 オフラインでは、BtoB(企業間)戦略を推進。八戸に関わりのある飲食店が首都圏に80店舗以上あることを調査済みで、こうした取引先へ四季折々の食材を魅力あるコストで定期配送することを目指す。更に、オンラインでは、BtoC(企業―消費者)で新たな顧客を開拓。事業者同士が連携してサービスの強化を図れるよう、新たなビジネスマッチングの機会を提供していく。
 1日には、看板の除幕式と設立記念式典を開催。除幕式で、塚原理事長が「これからも新しいことに挑戦しながら、八戸エリアの観光と物産を盛り上げていく」とあいさつした。(今松大)
【写真=除幕式に臨む塚原理事長(右から5人目)ら】

無料試読のお申込み

電子新聞を見る

物流日本新聞社コーポレートサイト